2015-07-30

ヤマトコミミゴケ


 岩上に育っていた上の写真のコケは、クサリゴケ科のヤマトコミミゴケ( Lejeunea japonica )でしょう。


 上は腹面から撮ったものです。 背片は卵形で倒瓦状に重なり、腹片は存在しますが、小さく、腹葉にほとんど隠されています。 腹葉は横に広く、幅は茎の2~3倍あり、1/2~1/3までに2裂しています。


 上は腹片が比較的よくわかる所を撮ったもので、中央下がその腹片です。


 顕微鏡下でも撮ってみました(上の写真)。 腹片にピントを合わせていますので、腹葉の広V字型の切れ込みは、ぼやけていて分かりません。


 上はさらに拡大したもので、写真の中央に腹片が写っています。 腹片はポケット状になっています。

(2015.7.15. 高槻市摂津峡)

◎ 蒴をつけたヤマトコミミゴケをこちらに載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿