2015-07-13

ヤマトクラマゴケモドキ・シゲリクラマゴケモドキ


 ヤマトクラマゴケモドキ( Porella japonica )はニスビキカヤゴケなどと同じクラマゴケモドキ属の苔類で、色つやは異なりますが、特に乾いた状態での形態はよく似ています(上の写真)。
 なお、「クラマゴケモドキ」の名は、シダ植物のクラマゴケに似ているところからですが、乾いた状態では背葉が内曲し、似ているようには見えません。


 上は湿った状態にしたものを腹面から撮ったものです。 背片は卵状舌形・円頭で、上半部に1~5歯があります。


 上は、時間の経過と共に少し乾燥が進み、背片が少し内曲していますが、2枚目とほぼ同じ所を、腹片や腹葉にピントが来るように撮ったものです。 腹片は長下形で、しばしば基部が広くなり縁は鋸歯状です。 また腹葉は舌形で、茎径より少し広く、縁にはやはり歯が見られます。
 なお、2枚目も3枚目も深度合成していますので、合成時の処理の過程で、本来つながっていないはずの所が、一部つながったように見えています。


 いちおう顕微鏡写真も載せておきます。 上は腹片、下は腹葉で、どちらも写真の右上が茎頂方向です。




 同じクラマゴケモドキ属の苔をもう一種、下はシゲリクラマゴケモドキです。


 シゲリクラマゴケモドキ( Porella densifolia var. fallax )はヤマトクラマゴケモドキより倍ほど幅広いのですが、写真にすると区別がつきませんので、野外で撮った写真は省略し、腹面から撮ったものだけにします(上の写真)。
 シゲリクラマゴケモドキの背片は楕円状三角形、鈍頭で1~3歯があります。 腹片は密に重なり、舌形で全縁です。 腹葉は腹片によく似た形態をしています。

(2015.6.17. 岩湧山 標高400m付近)

0 件のコメント:

コメントを投稿