2015-11-28

トサカホウオウゴケ


 写真は京都コケ展で撮ったトサカホウオウゴケ( Fissidens dubius )です。 中型のホウオウゴケで、日本全土に分布します。


 葉が左右2列に規則正しく並ぶのは、他のホウオウゴケと同じですが・・・


 上は葉身上部を大きく撮ったものです。 和名はこの葉身上部にある鋸歯を鶏冠(とさか)に見立てたものです。

◎ 葉を顕微鏡観察した結果などはこちらに載せています。 また、上の写真の蒴は蓋をつけていて、帽をつけているものもありますが、蓋の取れた蒴の様子などはこちらに載せています。
 なお、トサカホウオウゴケは雌雄異株で、蒴をつけているのは雌株ですが、雄株の様子はこちらに載せています。



2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    ホウオウゴケ・・美しいですよね。
    大きい種もあって山でたまに見かけます。
    何より写真映りがいいです。

    返信削除
    返信
    1. 同感です!
      コケを1人で始めた頃は、図鑑を見ても実際の大きさも感覚として分からず、図鑑のどこを見ていいのかも分からず、諦めかけていた時に、もう一度腰を据えてコケをやってみようかと思わせてくれたのも、赤い蒴をつけたナガサキホウオウゴケの美しさでした。

      削除