2015-11-09

11月のカラヤスデゴケ


 カラヤスデゴケは樹幹や岩上に普通な苔ですが、その形態は非常に多型です。 雌雄異株で、前に胞子体をつけた(=雌株の)カラヤスデゴケを載せましたが(こちら)、今回は雄花序のついた雄株で、同じ群落内でも腹片の形態が変化することなどを見てみました。


 上の写真の右下にあるのが雄花序ですが、まずは腹片の様子に注目して撮っていますので、雄花序は色が濃くなりすぎてよく分かりません。 腹片は上の写真ではロバの耳のような形 (正式には「舌状」と言った方がいいのでしょうね) をしています。


 上の写真は中央に腹葉が、左上と右下に腹片が写っています。 この腹片は“ロバの耳”が深くなってヘルメットのような形になっています。


 上の写真も中央やや上に腹葉が、左右に腹片が写っていますが、この腹片は前に載せたものの形態に近づいています。


 上は雄花序です。 これよりもう少し伸びた雄花序はこちらに載せています。


 上は背片の葉身細胞です。

(2015.11.6. 堺自然ふれあいの森)

0 件のコメント:

コメントを投稿